植毛を利用する前に費用を確認しよう|賢いコストカット法

微笑む男の人

失われた毛髪を取り戻す

薄毛の男性

人工と自毛、二つの手段

一度毛根から失われてしまった毛髪を再生させる手段は、残念ながら現代においても未だ確立されていません。そのため、薄毛対策としては毛髪を失わないようにする試みや、人工物に置き換える方法などが長年用いられてきました。後者の人工物に置き換える手段としては、かつらを被ったり、植毛を行なうといった方法を用いるのが一般的です。かつらと植毛を比較した場合、より他者にばれにくいのは植毛を行なう方法になっています。これは付けたまま洗髪をすることなどもできるためであり、風が吹けば飛んでいくといった類のものではないためです。また近年、上記のような人工植毛ではなく、自毛植毛という手段が登場しています。

話題の自毛という選択肢

自毛植毛とは、自分の毛が生えている部分の皮膚を、毛根が失われてしまった頭皮に移植する方法になっています。これを行なうことで、一度毛根が失われてしまった頭皮に、再び毛根を定着させることができるのです。自分の皮膚を移植する方法であるため拒否反応などが起こるケースも少なく、定着してしまえば、再び自然に毛髪が生えてくるようになるといった点は、見逃せないメリットになっています。人工植毛の場合、年に二回から三回ほどの定期的なメンテナンスが必要となりますが、自毛植毛であれば、施術が成功すればメンテナンスの必要もないのです。毛根を再生させるための手段が見つかっていない現代において、唯一失われてしまった毛根並びに自然に伸びる毛髪を取り戻す手段として人気と話題を集めているのです。